ようこそ。株式会社希少金属材料研究所のWebサイトへ。

株式会社希少金属材料研究所の技術力を用いたナノ粒子の紹介

Agインクのナノ粒子


Agナノ粒子インクの室温焼結

当社の銀インクは、室温で焼結します。

Agインクのナノ粒子(透明性低)のSEM画像

銀ナノ粒子の大きなインク (見た目はやや白色を帯びた茶色 透明性は低いもの)
下記のSEM写真からすると中心粒径は50nm程度となっていることが分かる。

Agインクのナノ粒子(透明性低)のSEM画像

Agインクのナノ粒子

室温で焼結するAgインクのナノ粒子

銀インクをガラス板上に塗布して室温で乾燥した。この後に乾燥膜を剥がしてSEMで観察した。この結果から銀ナノ粒子は焼結していることが分かる。

室温で焼結するAgインクのナノ粒子

Agインクのナノ粒子(透明性高)のSEM画像

銀ナノ粒子の小さなインク  (見た目は茶色を帯びて透明性は高いもの)
下記のSEM写真からすると中心粒径は約20nm程度となっていることが分かる。

Agインクのナノ粒子(透明性高)のSEM画像

Agインクのナノ粒子(透明性高)のSEM画像

室温で焼結するAgインクのナノ粒子

銀インクをガラス板上に塗布して室温で乾燥した。この後に乾燥膜を剥がしてSEMで観察した。この結果から銀ナノ粒子は焼結していることが分かる。銀粒子表面に界面活性剤が残存している。これが色目に影響していると推察される。

室温で焼結するAgインクのナノ粒子

Agインクのナノ粒子の価格

10%濃度の価格表です。

少量(~100L) 100L以上 1t以上
価格 5万円/L 3万円/L 2万円/L